グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  お知らせ >  スギ花粉症に対する舌下免疫療法のご紹介

スギ花粉症に対する舌下免疫療法のご紹介


ここ数年の間に、アレルギー疾患治療は大きな進歩を遂げています。
一つはスギ花粉症やダニによる通年性鼻炎に対する舌下免疫療法です。もう一つは、生物学的製剤による喘息やアトピー性皮膚炎の治療です。とくに画期的なのが、生物学的製剤により、アトピー性皮膚炎患者さんのつらいかゆみが著明に軽減する効果です。
舌下免疫療法とは
スギ花粉症であれば少量のスギアレルゲン(アレルギー反応を起こすたんぱく質をアレルゲンといいます。)を毎日舌下に置いて、溶けだしたアレルゲンをリンパ節に集まっている免疫細胞に反応させて、免疫反応、すなわちアレルギー反応を弱めていく治療法です。

過去の報告ではスギ花粉症に対する舌下免疫療法の有効性は80%とされています。
経験的にも花粉飛散期の症状が軽減して、内服などのお薬を減らせた、または内服しないで済んだなどのお声を頂くことはよくあります。子どもであれば飛散期の鼻閉がなくなって、よく寝てくれるようになったなどの経験もあります。つらい花粉症から解放される可能性が高い治療法ですので、花粉症でお困りの方にぜひお薦めしたいです。スギ花粉症以外にダニによる通年性鼻炎に対しても舌下免疫療法が可能です。
舌下免疫療法の欠点
舌下免疫療法の欠点は、治療初期に軽度のアレルギー反応、例えばのどがかゆい、口内炎ができる、耳がかゆい、などの症状が出ることです。さらに、治療後に激しい運動や熱くて長時間の入浴などをすると全身症状が出る可能性がありますので避ける必要があります。
のどがかゆいなどの軽度の反応であれば、アレルゲンの量や服用方法などを調整することで数週間以内に症状が出なくなります。すなわち、免疫療法の効果が出てきたということです。

ペンギンの院長は、過去10年以上にわたり舌下免疫療法だけでなく注射による皮下免疫療法などの免疫療法を数多く経験してきました。免疫療法に関しては、経験豊富なペンギンにご相談いただけると幸いです。